「私たちが最も恐れていることとは?」Our deepest fear


すべての人が「本当に恐れているもの」・・・

それは・・・何だと思いますか?

マリアン・ウィリアムソン(Marianne Wiliamson)の
A Return to Loveという著書にあるオリジナルの詩をお届けします。

e382ade383a3e38397e38381e383a3-adfe8-thumbnail2

“Our deepest fear is not that we are inadequate.
Our deepest fear is that we are powerful beyond measure.

It is our light, not our darkness that most frightens us.

We ask ourselves, Who am I
to be brilliant, gorgeous, talented, fabulous?
Actually, who are you not to be?
You are a child of God.

Your playing small does not serve the world.
There is nothing enlightened about shrinking
so that other people won’t feel insecure around you.

We are all meant to shine, as children do.
We were born to make manifest the glory of God that is within us.
It’s not just in some of us; it’s in everyone.

And as we let our own light shine,
we unconsciously give other people permission to do the same.
As we are liberated from our own fear,
our presence automatically liberates others.”

by Marianne Williamson excerpt from “A Return to Love ”


私たちが最も恐れているのは、自分の無力さではありません。

とてつもなくパワフルな自分を一番恐れているのです。

私たちが怯えているのは、自分の闇の部分ではなく光としての自分なのです。

自分ってどういう人なのか?と自問してみた時、聡明で、輝かしく、
才能に溢れ素晴らしい人間だなんて思えるでしょうか?

本当は、あなたがなれないものは何もないのです。

あなたは神の子だからです。

自分を過小評価して生きたとしても
世界に貢献することはできません。

周りの人に不安を与えないように
縮こまって生きていても誰のためにもなりません。

輝く子供達のように私たちはみな、
光り輝く存在なのです。

内なる神の栄光を表現するために
私たちは生まれてきたのです。

神の栄光はだれか特定の人だけにあるものではありません。

私たち一人一人みんなの中にあるのです。

そして、私たち一人ひとりが輝けば輝くほど、
何も言わなくても「みんなも輝いていいんだよ」
と伝えることになるのです。

私たちが自分の恐れから解放されれば、
私たちが存在するだけで他の人々も
自然と恐れから解放されることになるのです。

だから、自分の恐れを乗り越えることは聖なる神の仕事なのです。

それはあなたのためだけでなく世界中の人々、
みんなのためになるのです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です